歯列矯正

人生初!顎関節症MRI検査の感想

人生初のMRIをとってきました!

通常、歯列矯正でMRIをとることはあまりないかと思いますが、
私は顎関節症?があるみたいで、
レントゲンだけでなくMRIもとることになってしまいました。。

感想などを書いておきたいなと思います!

 

歯列矯正のMRIは別の病院へ

専門病院へ

通っている矯正歯科ではMRIがとれないので、
紹介状を持って、MRI専門の病院に行きました。

病院では、おじいちゃんおばあちゃんが多かったですね。
若い人はいませんでした。

化粧、カラコン禁止

マスカラやファンデーション、アイシャドウなどにラメなどの金属が含まれているとダメだそうなので、
化粧をせずにスッピン・マスクで行きました。

あとカラコンも禁止(ディファインも含む)なので、メガネです。

トイレが男女共用で1つしかなかったので
小さな病院の場合、化粧を落とすスペースがないということも考えておいたほうがいいかもしれません。

問診票の記入

まずは問診票に住所や電話番号などの記入。

診察

診察室では、いくつか質問をされました。

・いつ頃から顎関節症になったのか?
・アレルギーはあるか?
・刺青などしているか? など

着替え

更衣室があり、鍵付きの縦長のロッカーが3つくらい。
靴はスリッパに履き替えました。

私は顎関節のMRIなので、
上は検査着に着替える(ブラジャーは外し、綿のキャミソールはそのまま着ててOK。)
下のデニムもそのまま履いててOK。

前の人がMRI使用中で、重い金属製の扉が閉まってました。
工事現場?というかブザーのような音がきこえてきて怖かった…((((;゚Д゚))))

部屋の中へ

10分くらい待った後、いよいよMRI室の中へ。
先生はイケメンで優しくて安心❤

メガネを外し、ロッカーの鍵と一緒にカゴの中に入れました。

もし何かあったら、と非常ボタン?のようなものを渡されました。
たぶん閉所恐怖症などの人は、恐怖心から
体調が悪くなってしまうことも割とあるのかもしれないですね。

ヘッドホンをつけて、頭を拘束されると
壮大なオーケストラが流れてきました。笑
けっこう高そうなヘッドホンで、耳へのフィット感は抜群。

目を閉じて動かないようにしてくださいといわれたので、
まるで棺桶の中に入れられたような気分。。

ベッドがヒューンと動き、まもなく爆音がきこえてきました。

 

トントントントン

ブーーーーーーー

ブブブブブブブブ

ダダダダダダダダ

ピピピピピピピピ

カンカンカンカン

 

工事現場というよりも、非常ブザーのような感じ?笑
思ったよりもリズミカルで、そんなに不快になるような感じではなくてよかったです。

しかし、20分くらい口を開きっぱなしなのはつらくて
途中で動いて閉まったらしくやり直しすることに_| ̄|○ il||li

お会計

費用は7850円と、検査結果の郵送料として660円。

費用はカードOKだったけど、郵送料は現金で支払いでした。

最後に診察券を渡されたけど、正直もう二度とMRI撮りたくないですね(´;ω;`)

 

まとめ

早く終わってくれーー!!っていう感じでしたが、
無事に脱出?できてよかったです。

「あと何分で終わりますよー」とか声掛けしてくれれば、
もっと安心できるんじゃないかなと思いました。

ブログランキング参加中

にほんブログ村 美容ブログ 歯列矯正へ 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

-歯列矯正

© 2021 ゆるミニマリストのブログ Powered by AFFINGER5