歯列矯正

トータルフィの矯正歯科のメリット・デメリット

歯列矯正の費用のことが気になる方も多いのではないでしょうか?

私は最初、トータルフィ(総額制で、最初にいくら払うか決まっている)のところが絶対に良い!と思っていたのですが、
色々カウンセリングに行ってみて、けっこうデメリットもあることに気づきました。

ここでは、トータルフィの矯正歯科のメリット・デメリットを紹介します。

 

トータルフィーの矯正歯科のメリット

ボッタクリの心配なし

最初に総額でいくらか?と明確に分かるので、
治療の引き伸ばしでボッタクリ被害に遭うリスクがありません。

難症例(2年半~3年以上かかる)はコスパがいい

治療期間がかなり長引きそうな難症例の場合、
トータルフィだとコスパがいい可能性が高いです。

数をこなしている

トータルフィのところは患者数が多いので、先生が症例数をこなしている医院も多いです。
※ただし、症例数の多さ=技術力というわけではないようですが…。

子どもだけでも安心して通える

毎回お金を準備する必要がないので、子ども1人だけでも安心して通えます。

 

トータルフィーの矯正歯科のデメリット

軽症(1年~2年かかるもの)だと割高になる

比較的簡単な症例(1年~2年くらいで終わる)場合、トータルフィーだと割高になってしまうこともあります。

早く終わらせようとする

トータルフィの矯正歯科は、一人ひとりの治療期間を短くして
患者の回転率を上げたほうが儲かります。

そのため、手を抜いて早く終わらそうとするところも中にはあるようです。

予約が取りにくい

トータルフィの矯正歯科は、患者が多くて人気があるところが多いです。
初回のカウンセリングでも、1~2ヶ月待ちのところもありました。
予約がとりにくいと、期間が長くかかってしまう可能性はありますね。

先生が忙しそう

トータルフィの矯正歯科にカウンセリングに行って感じたことは、
とにかく先生が忙しそうにしているなということでした。

ゆっくり、じっくり丁寧に見てもらいたいという人には不向きです。
逆にパパッと効率よく終わらせてほしい人向けだと思いました。

先生が固定制じゃないことがある

毎回違う先生で、最後の1~2分のみ院長がチェックするということもよくあるようです。

虫歯や抜歯・メンテナンスは別途費用が必要

虫歯の治療や抜歯をする必要がある場合は、治療費に含まれていないことが多いです。

 

トータルフィの矯正歯科のまとめ

トータルフィの矯正歯科を選ぶ場合、しっかり治るまで丁寧に治療してくれるか?
ということを考えて選ぶと、とてもコスパがいいのではないかなと感じました。

歯は失敗できない買い物なので、値段の安さに惑わされず
じっくり比較検討するのが重要だと思います。

ブログランキング参加中

にほんブログ村 美容ブログ 歯列矯正へ 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

-歯列矯正

© 2020 ゆるミニマリストのブログ Powered by AFFINGER5