断捨離

学歴を断捨離した理由と効果まとめ(MARCH中退)

私はMARCHの某大学を中退してます。
休学・留年・中退の全部を経験しました。

当時はとても悩みましたが、覚悟を決めて学歴を捨てたからこそ
今現在、とても満足して暮らせています(*^^*)

 

学歴を捨てる決断。大学中退のメリット

高卒よりもイメージが悪い大学中退という学歴ですが、
私の場合、本当に中退して正解だったのかもしれないなと感じています。

うつ病がよくなった

大学時代、私はうつ病になってしまいすごく悩んでいました。
あのまま大学に通っていたら、おそらく今生きてないと思います。

大学中退して半年間は寝たきりでしたが、
その後、劇的にうつ症状がよくなりました。

生きるのが楽になった

大学中退するということは、「世間体を捨てて生きる決意をする」ということでもあります。

世間一般では、大学中退は悪いイメージしかありません。

・就職が不利になる
・高卒なので給料が安くなる
・新卒カードが使えない
・社会的な信用がなくなる
・女性の場合、家柄のいい男性との結婚は難しくなる

などデメリットをあげたらキリがありません。

しかし、そういった世間体を捨てるメリットはかなり大きいものでした。

大学中退して半年間寝たきりの引きこもり生活をすると、
誰とも会わないので同世代の人と比較して
「あの人はいいな…」と羨ましい気持ちになることがなくなります。

就職はしにくくなりますが、フリーランスで自分の力で稼げるようになったので
特に困ることはありませんでした。

世間体・常識にとらわれず、自由に生きることができるようになると気楽です。

「自分自身で人生を決断する」という経験ができた

私は親の敷いたレールをなんとなく生きてました。

しかし、大学中退を経験することで
人生で初めて「自分で人生を選択をする」という経験ができました。

何事も自分自身で決断して行動しないと、
人間って成長できないんじゃないかなと思います。

実際、大学中退してから第二の人生が始まりました。

努力するようになった

大学中退してからは、外で就職することが難しいので
自分自身で稼ぐ力を身につけるしかないと思い、必死で色々な勉強をするようになりました。

その後、広告収入などで月200万円の収入を超えることができたときは本当に嬉しかったです。
人生、本当に何があるかわからないなと感じましたね。

 

まとめ:大学中退しても生きられる

大学中退したからといって、人生が終わったわけではありませんでした。
「大学を卒業しなければ生きていけない」というのはただの思い込みでした。

もちろん大学卒業できるならそれに越したことはありません。

しかし、私は大学中退したからこそ、現在の幸せを得られたのではないかと感じています。

別に大学中退したからといって、死ぬわけではないし
物質的・精神的に成功できる可能性もゼロではないことを、悩んでる方にはお伝えしたいですね。

ブログランキング参加中

にほんブログ村 美容ブログ 歯列矯正へ 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

-断捨離

© 2020 ゆるミニマリストのブログ Powered by AFFINGER5